スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金ちゃん

kin01.jpg


最愛の金ちゃんが、
4月29日14時05分頃に永眠しました。
12歳と8ヶ月でした。
金ちゃんはその時さわくん家にいて、
さわくんが金ちゃんのそばにいました。
連絡をもらって息子と一緒に金ちゃんのところへいくと、
昼寝してるかのようないつも通りの金ちゃんが横になっていました。


金ちゃんに会ったことのあるみなさま、
写真などにメッセージをもらったみなさま、
金ちゃんにかわりまして、お礼を言わせてください。
ほんとうにどうもありがとうございました。


金ちゃんは、犬というより猫のような、
のんびりしたおばあちゃんのようでした。
わがままもほとんどないし、
激しく感情的になることもないし、
それはそれは優しくて、
穏やかでのほほんとしていました。
しいて言えば、さみしんぼな所くらいしか
気になるところはありませんでした。


金ちゃんとの時間、
金ちゃんとみんなとの時間は、
金ちゃんにまつわるすべてのことは、
私のとってかけがえのないものです。


* * *


金ちゃんは、最初に引き取った時から
身体のあちこちがあまり良くなくて、
これまでに何度もダメかもしれない
っていう場面がありましたが、
金ちゃんもみんなも、色んな問題と向き合って
がんばってきました。

息をひきとった金ちゃんをお寺さんに連れていった帰りに、
ずっとみてくれていた動物病院の先生に挨拶にいきました。

金ちゃんは本当にがんばっていました。
金ちゃんに関しては、僕もやれることはほとんどやったと思います。
飼い主さんたちも、自宅で点滴治療を長い期間よくがんばってくれました。
とても大変だったと思います。
金ちゃんも飼い主さんもみんな本当にがんばったと思います。
悔いはありません。
と話してくれました。
私とさわくんも同じ気持ちでした。

金ちゃんは、耳も足もお腹の中も良くない状態のまま
迷子になっているところを知人が保護し、
保健所に行く前に縁あって私とさわくんが引き取る事になりました。

犬の言葉は分からないけど、
金ちゃんをみてて、きっと色んな事があったのかもしれないと感じました。
勝手な思い入れなのかもしれないけど、色んな事があった分、
私たちと一つ屋根の下で暮らしながら、一緒にいて良い時間を過ごせればいいなと、
そうと思いました。
身体があちこちよくなかったのもあって、これからだよ、長生きしてね。
という願いをこめて『金』と名前をつけました。
長生きした金さん銀さんからもらいました。

金ちゃんしか知らない過去の嫌な思い出があるとしたら、
私たちのところへきてから、
それを忘れるくらいの良い時間を金ちゃんは過ごせたでしょうか。
いまどこでどうしているのかな。
私は金ちゃんじゃないから、私には分かりません。

だけど、たぶん金ちゃんはいまもどこかで
のほほんとしながら
まわりを優しい気持ちにさせてくれていると思います。

姿がみえないし
においもしない
いびきも鳴き声もきこえません
そんなことわかってるんだけど
やっぱりときどきさみしい

金ちゃーん

またねー


kin03.jpg

kin02.jpg

kin04.jpg

kin012.jpg

kin05.jpg

kin06.jpg

kin07.jpg

kin09.jpg

kin010.jpg

kin011.jpg

スポンサーサイト
calendar
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
new
category
  • 2014(7)
  • 2013(7)
  • 2012(16)
  • 2011(69)
  • 2010(158)
  • 2009(115)
  • 2008(69)
  • 2007(24)
  • 2006(28)
  • 2005(98)
  • 2004(122)
  • 2003(21)
  • 自己紹介(1)
  • 2015(1)
link
このブログをリンクに追加する
twitter
アーカイブ
Thanks.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。