スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回「アレ★アレ★シネマトーク」2/23(Ustream生中継)

今週23日水曜日の夜、外苑前のタンバリンギャラリー
「アレ・アレ・シネマトーク」の第2回目が開催されます。

1回目は、私は自宅で見ていましたが、
コーエン兄弟の話とおっぱいの話が面白かったです。
「ツンでれ系おっぱい」という素敵な言葉を知りました。

23日水曜の夜、
映画が好きな方も映画に詳しくない方も会場に遊びに来ませんか?
当日はプレガちゃんもスタッフで参上よていです。

☆入場希望の方は<are2cinema@gmail.com>まで
メールでお申し込みください。
参加費¥1,000(ドリンク軽食付き/要予約)先着25名様
@タンバリンギャラリー http://tambourin-gallery.com/


+ + +

映画史上の最高のおっぱいは
ゴッドファーザーのアポロニアのおっぱいであることで
皆の意見が一致した前回。

おっぱいの話だけでも2時間はいける、
どころかエンドレス。

アレ・アレ・シネマトーク第2回開催です!
2/23(水)19;30よりUstream生中継。


are2foto コピー**-thumb-630x144-1192

各方面で活躍する映画好き(マニアと言いたくない!)が
集まり数珠つなぎ的に映画、
そしてそれにまつわる話をただ延々するだけの
究極のエンタテイメント・トークイベント!

映画の話をしていて、
タイトルや役者の名前が出て来なくて
「アレのアレ」だけで話が通じちゃうときがよくあるので
「アレ★アレ★シネマトーク」。

「アレ」が出て来ない時、
皆さんのツィート(ツッコミ)お待ちしています。


★★★ 第2回「アレ★アレ★シネマトーク」 ★★★

2月23日(水)19:30~21:00 ーーーUstream配信
http://www.ustream.tv/channel/are2cinema
<前回のアーカイブ映像も視聴出来ます>

<出演>
ロバート・ハリス(DJ・作家)
中島朋人(俳優・鉄割アルバトロスケット)
佐々木誠(映像ディレクター/映画監督)
高橋キンタロー(イラストレーター)
在本彌生(写真家)



スポンサーサイト

金ちゃんと、皮ちゃんで綱ひき

2011/2/22 皮ちゃんで綱ひき!
ふんぐぐぐぐーーーーー

2011/2/22 皮ちゃんで綱ひき!
ほげげほげげげげげげー

2011/2/22 皮ちゃんで綱ひき!
うえ~~~~ん
もうやめてよ~~
う~~~

2011/2/22 皮ちゃんで綱ひき!
しあぴあsdこjぎおdじゃpsふぉps!!!!
そjぢさおあだぽg!!
zぴjdしpqぽあおけt!!!




指でのお絵描きは脳みそがスローモーション(iphoneアプリ)

2011/2/17
<アプリの名前:お絵描き広場>

2011/2/17
<アプリの名前:Art Studio>

さわくんがどこかから見つけてきたiphoneの
絵が描けるアプリ。

下の黒いのは<Art Studio>というアプリで、
photoshopみたいに細かく絵が描けるみたいです。
指じゃなくてタッチペンみたいなのがあると
いいのかもしれないけれど、そういうものは
持っていないので指を駆使してみました。




2011年の『Me and mee.../わたしと、ワタシタチ。』

OSAKA 2009 11/29

OSAKA 2009 11/29

『Me and mee.../わたしと、ワタシタチ。』というのは、
一日に一枚自分の顔を描くことです。

Tokyo playgirlsでやっています。

名前には「わたし」=描いてる本人自身、
「ワタシタチ」=描いた自画像たち。

という意味があります。

デッサンの練習にと始めたことですが、
描けなかった日も含め5年目になりました。
歩く位のスピードで、
今日はどんな自分に会えるだろうなと思いながら、
それぞれ鏡に向っています。

コントロールして絵が描けないのが原因ですが、
毎日描いても同じ感じにできません。


 日々変化しているわたしと、
 切り取られていったわたしの断片の連なり。
 それらが織り成す物語とは一体どのようなものだろう。
 そして、私はその物語を内側から見るのか、外側から見るのか。
 この行方知れずの物語のページを、私は今日も一枚めくるのだ。
  (「そもそものはじまりと、
   『わたしと、ワタシタチ。』という名のファンタジー」
   という文章より抜粋)


スマートフォンを買ってから
自画像の画像を気軽にアップしやすくなったので、
2011年は一年、こつこつと描いてアップしていく予定です。

奇妙でおかしな自画像ばかりですが、
どうぞよろしくお願いいたします。


☆2011年の自画像をまとめている所
 2011 Me and mee.../わたしと、ワタシタチ。


☆星ヶ丘・SEWING GALLERYでの個展の様子はこちら。特設ブログはこちら





FANTASTIC DAYS 2010

2010年の年末にTAMBOURINE GALLERYで行なわれた
『FANTASTIC DAYS 2010』の様子をアップしました。

『FANTASTIC DAYS 2010』
 スライドショーはこちらから


私は祖父が亡くなったので、実家に帰省していたため
展示を観に行く事ができませんでしたが、
相方のさわくんが全部写真におさめておいてくれました。
展示に行けずとても残念だったので、とても嬉しかったです。
素晴らしい相方でしあわせでございます。どうもありがとう。
(アップしたものは、さわくんがアップしたものと同じです)

+ + +

2010/12/21-26  FANTASTIC DAYS 2010


「FANTASTIC DAYS」
2010年 12月21日(火)~12月26日(日)
open 11:00-19:00(最終日は18:00まで)
会場:TAMBOURINE GALLERY

タンバリンギャラリー/年末最後の週は
「FANTASTIC DAYS」として、
イラストレーター、デザイナー、写真家、漫画家、
作家、ミュージシャ ン、建築家など
沢山の仲間が集まりオリジナルタンバリンを制作しました。



White Valentine's Day (2)

2011/2/14 White Valentine's Day
雪だるまを作りました。

2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
雪だるまと金ちゃん。冬の思い出に。

2011/2/14 White Valentine's Day
鼻になんかついてる。


少し家で休んでから、第二回目の出動。
今度は仲間が加わりました。さわくんです。
でっかい雪だるまを作ろう。


2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
漫画でよくみる、小さい雪玉を転がしたら、大きくなるかを
やってみたら、本当にだんだんと大きくなりました。
小さいスコップと素手でしばらく動き回って、
大きいのと小さいの2体できました。
手が麻痺したので、顔は翌日につけることに。

2011/2/14 White Valentine's Day
楽しかったです。(ぎらっ)




White Valentine's Day (1)

今年のバレンタインデーは、
東京はたくさん雪が降りました。


2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
(instagram)



2011/2/14 2011/2/14 White Valentine's Day
木がおしゃれ!

2011/2/14 2011/2/14 White Valentine's Day
家の前の通りが、雪国のようだ。

2011/2/14 White Valentine's Day
さむいよーさむいよー
(近くの保育園の銅像)

2011/2/14 White Valentine's Day
金ちゃんは置いてきたけど、金ちゃんとの散歩道を歩いてみた。
知らない街にきちゃったみたい。

2011/2/14 2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 2011/2/14 White Valentine's Day

2011/2/14 White Valentine's Day
2011/2/14 White Valentine's Day
柳のトンネルができていたので、行ったり来たりして
通りました。


(つづく)

まる

おかねのはなしをすこしだけ

個人的な話ですみません。
寝る前に考えていたことを少し書きます。

(私は今年に入ってから、自分でもびっくりするほど
 体調を崩す事が多く、働きたい時でも
 うまく動けないという状況が続いたことがありました。
 きっとそれも考えるきっかけになっていると思います。)

 
私はこれまでに、
父や母からもらってきた「お金」があります。

それ以外のことも、もちろん山ほどあるのですが、
今日はこのお金について少し書きます。

私は父と母に、高校卒業後でいうと、
専門学校へ入学するための資金や、
卒業するまでの生活費、パソコンを買う資金や、
おこずかいなど、たくさんたくさん助けてもらいました。

父や母からもらった「お金」は、
父や母の「時間」でもある。

私はそう思っています。

私の父や母が、
朝早く起きたり、
冷たい水をあつかったり、
時間に追われたり、
仕事を褒められたり、頭を下げたり、
暇な時期はやりくりにうんうん悩んだり…。

遠くにいるので、手伝いもできず、
想像するだけで涙がこぼれそうになりますが、
そうやって、日々働いている
父と母の日々の時間と引き換えにもらったお金に、
私はたくさん助けてもらってきたと思いました。

業種は違えど、
時給いくらいくらで働く仕事をしたことがあれば、
こんな簡単なことすぐ想像がつくでしょう。

私もはっと気づいた、ということではありませんが、
今、改めて確認するようにここに書いたのは、
このことは、当たり前すぎていて、
でもとても大切なことであり、
電球がプチンッと切れてしまうように、
突然なくなってしまうこともあることだ。

そう思ったからです。

おやすみなさい。



私もにんじんケーキ

にんじんが小さい頃から食べられません。
味と匂いが大嫌いです。(同じく牛乳も)
これまでに何度となく試してはみましたが耐えらませんでした。
でも逆に言うと、にんじんでも牛乳でも
あの大嫌いな味と匂いがしなければ大丈夫です。

少し前にあるところで
焼き菓子ココリのやまぐちさんと、
イラストレーターの小関祥子さんのお話をみていて、
にんじんケーキの写真を見る機会があり、
それがとてつもなくおいしそうでした。
いやいや、しかし、にんじんだぞ、と警戒しながら、
私も一つ作ってみることにしました。

作り方は分からなかったので、レシピはクックパッドのレシピ
http://cookpad.com/recipe/322929)を元にしました。


11f18dcc01274f2b9e5af4b92810a534_7.jpg

レシピの材料を見ながら、私は、
粉は半分「全粒粉」、油は「綿実油」、
砂糖は常用してる「てんさい糖」にして、
あと刻んだくるみをいれて、シナモンも多めにいれました。
にんじんは、オエ~オエ~! と言いながらすりおろしました。
(手がにんじん色に染まった)


4edde27871fb41e5838693c225625a51_7.jpg

材料をまぜたら型に入れてやきます。
にんじんの味がしたら絶対食べられないので、
がしっと焼けるまで何度も焼き続けることにしました。


25a8331702ca41789973852425ea9805_7.jpg

通常の焼き時間の二倍近くかけて焼きました。
焼きあがりまで私は、せっせとパソコンで仕事をしていたので、
のんびりしていた金ちゃんに見張りをお願いして…


28d5f281a15a49ecb40df8b58b6d18da_7.jpg

一時間ちょっとでできたー。

焼きたてをまず食べたら、とても美味しかった!
想像していたのと違う味だったのでびっくりしました。
まるまる一本にんじんがはいっているとは思えないし、
甘すぎずふぬけすぎない味でした。

にんじんケーキは、2/6に作ったのですが、
翌日になると味がしっとりして美味しいとのことで、
昨日食べてみたら、美味しくて沢山食べてしまいました。

これで、にんじんが食べられない罪悪感もなくなるかな。
また、なくなったら焼こう。
calendar
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
new
category
  • 2014(7)
  • 2013(7)
  • 2012(16)
  • 2011(69)
  • 2010(158)
  • 2009(115)
  • 2008(69)
  • 2007(24)
  • 2006(28)
  • 2005(98)
  • 2004(122)
  • 2003(21)
  • 自己紹介(1)
  • 2015(1)
link
このブログをリンクに追加する
twitter
アーカイブ
Thanks.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。