スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見た映画 <4月30日>

The Straight Story/監督 デイヴィッド・リンチ



途中で寝ちゃったからもう一回観たい。


ブラインドネス/監督 フェルナンド・メイレレス



こわかったけど、なんか、じんとした。
スポンサーサイト

笑われてなんぼ 


今日は久しぶりにさわくんと
画材調達がてら吉祥寺へ行ってきました。

行きの電車で、途中から乗ってきた若い大学生風の女の子三人組が私たちを見て、
「ぷぷぷ」と笑って、そそくさと隣の車両に移動していきました。
「はれ?」とここでさわくんは気付いたそうですが、
私は何も気付きませんでした。

そして、吉祥寺に着く直前に隣の車両からまた三人組がこっちにきて
また私たちをちらっと見ては「くすくす」と笑っていて、
私もようやく気づきました。

電車を降りてからも、三人組は私たちの少し前を歩き、
何度もこそこそと振り返っては、
ついに、「きゃはきゃはっ」と楽しそうに笑いあったので、
いい加減に私たちも心配になってきたので、

「ねえねえ、なんか顔についてる?」
「私の前髪とか?」
「今日のお洋服へん?」
「シャツ裏返しとかになってないよね?」

とかなんとか、
お互いを鏡合わせのようにして確認し合いましたが、
私はいつもの普通のメガネになんてことない水玉のシャツワンピース、
さわくんは、長そでのシャツにズボンというごくごく普通の格好で、
顔にも頭にも体にも何も発見できず、
結局どうして笑われてしまったのかが分かりませんでした。

ここで町田康さんだったら(『東京飄然』という本での町田さん)、
「なにみとんじゃあぼけえ!いてまうどお!こらあ!」
と広島弁で怒鳴りたいところでしょうが、
私たちはただ普通に落ち込んだだけでした。

それにしてもねえ。 何もそんなに笑わんでもねえ。


090430.jpg

4月も今日で終わりです。
今月は特に早かったね。あっという間だね。
なんて、来月も同じことを言ってそうですが。

アメリカでは、読書の季節は夏、サマーリーディングだと聞きました。
日本では読書は秋で、オータムリーディングになるのかな。
だとしたら私はただいま、スプリングリーディングの真最中です。
なんていっても、季節を限定することなくいつものことかな。

最近では、少し古いものだけど
「マイ・ロスト・シティー フィッツジェラルド作品集(村上春樹・訳)」を
読みました。面白かったです。
また、平行して村上春樹さんのエッセイも2冊ほど読んでいますが、
ユニークで肩の力を抜いて読めます。

それと、読み途中だけど、いしいしんじさんの「みずうみ」もいいです。
不思議な街の不思議な人たちの話です。

こうやって本ばっかり読んでると、もやしになりそうなので
ときどきは外に出てお日様にあたったりしなくちゃ。

あったかくて楽しいゴールデンウィークになるといいですね。

リアリティの思想

090428.jpg

わたしに見えているゲンジツの世界は、
どこらへんにあるもなのか、どのくらいの広さなのか。

小さい私のまわりには、
いつも色んな人がおってくれて、
不思議なくらい日日には色んなことがあって、
色んなことを考える。

出会って別れてを繰り返していく中で、
必然的なことも偶然なことも私にとってはどちらでもよくて、
なんもかんもがごちゃごちゃしている。

ごちゃごちゃしてはいるけれど、ごみごみはしていない。

ごみごみしたら、心が老いる。
だからときどき掃除します。

それでもたまにはひねくれて、
すやすやと夢の中に逃亡することもあるけれど、
一泊二日の家出みたいなもので、すぐに帰ってきてしまう。

やっぱり私はゲンジツが好きなのだ。
今日も誰かが、恋をして働いて歌を歌って生きている
ここが好きなのだ。

なんてことを、好きな歌を聴きながら思ったのです。
そして、そろそろ変化球ばかりじゃなくて、
直球勝負に出てみようかとふと思ったのですが、

「変化球と直球両方を覚えないと一人前ではない。」

と今日読んだ読んだ本に書いてあったので、勝負に出るのをやめました。

もーう、ごーちゃーごーちゃーだーねぇー

最近観た映画 <4月13日>

一日6回 涙の補充


だいぶ前から目の乾燥がひどくて、併発して偏頭痛が起こったりしていました。

これはまさに『ドライ・アイ』というものだろうと確信していましたが、
今日になってようやく眼科で見てもらいました。

待合室で本を読んでいたら、おにぎりみたいな先生がやってきました。

「たにさーん。はい、ちょっと涙の量の検査をしますね。
 はい、私の指のここあたりを見てー。
 はいはい、そしたらちょっと上を向いてくださーい。
 はーい、よし。では、このまま下を向いてお待ちください。」

おにぎり先生は、待っている人がいるところで
私の両目の下の方に小さいリトマス紙のようなものをぶら下げました。

ピリピリして痛いし、近くにいる人が見たいけど見ちゃいけないという様な
顔をしていたので、手鏡でどういう状態か見て見たら、
下まぶたと眼球のすき間を使って、
先がちょっと折り曲げてあるリトマス紙のようなものが
引っ掛けてありました。えっと、分かりやすく言うならば、
両目の下まぶたに、小さい紙製のハンガーがひっかけてあるような状態です。
見たことがないくらい情けなくて面白い自分の顔でした。

10分後くらいして、おにぎり先生が戻ってきて
「はい、じゃあ取りますねー。」
とリトマス紙を抜いてもらって、診察室に行きました。


診察の結果は「測定外」でした。なんと、圏外です。

リトマス紙には、0~30くらいまでのメモリがふってあるのですが、
私の涙の量は、0にも達していなくて、まぶたにひっかけるために
ちょっと折り曲げてある所が少し湿っているくらいでした。

目薬を処方してもらって、それでしばらく様子をみることになりましたが、
「こんな状態でよくもまあ、パソコン仕事なんてしていられたもんだ。」
と言わんばかりのおにぎり先生でした。

私は歳を重ねるにつれて近眼がひどくなっていて、
これも職業病のようなものなので仕方のないことだとどこかで思っていましたが、
もっと身体を大事にしてあげなくちゃいけないと反省しました。

目がしばしばしてきたら、時々目をつぶってじっとしてみたり、
目が乾燥してきたなあと思ったら、意識していつもより多めに瞬きをするとかして
みなさんも気をつけてくださいね。

余談ですが、私は普段から妹のみぃちゃんと近くで話をしている時に、
「あんたのよ、その目のパチパチパチっていうまばたきよ、
 どうにからなんとね。見てて、なんかこう忙しーが。」
と、言われることがありました。

自分ではそうしている気は全くなかったので、
なんだか見に覚えのないことを言われている様な気分でしたが、
実際に無意識にそうしていたようです。
それで今日のことをみぃちゃんに報告したら、
病気なんだったら仕方ないねということで、目のパチパチは公認になりました。
これでパチパチしても大丈夫だ。

最近観た映画 <4月7日>


最近観た映画


すべての些細な事柄/監督・ニコラ・フィリベール

作品集が欲しいです。



マイ・ブルーベリー・ナイツ/監督・ウォン・カーウァイ

「The Story」 Norah Jonesの曲





ぼくの大切なともだち/監督・パトリス・ルコント


野川の夜桜さんぽ


すっかり暗くなってから、さわくんとお友達のうさねえさんと三人で
家の近くの国領駅で開催された野川の夜桜ライトアップへ行ってきました。



090407_b5.jpg


090407_b4.jpg


090408_b3.jpg


090408_b2.jpg


090407_b6.jpg


090407_b1.jpg


桜のトンネルをゆっくり歩きました。
一つ一つ花がぷりんぷりんのサクラっちゃん。
ほわわーと見ていると綺麗を通り越して恐くなってくるほどです。

一昨年に初めてこのライトアップを見たときは、あまりの迫力と美しさに
ひゃー! とか、ほわー! しか口から出ませんでした。
今まで見た事がないエベレスト級に素晴らしい桜です。

このことを教えてくれたのは、田川セリグラフのしんくん。
この野川のライトアップは、
「一番いい時にライトアップをやる。」
っていうポリシーがあるそうで、
開催日は毎年直前にならないと発表されません。

人は多いけど多すぎず。歩いてみないと行けないので、
酔っぱらってる人も見当たらず心ゆくまで桜に酔いしれることができます。

サクラちゃんたちありがとう。
来年もまたここで会いましょう。

ほかほか火曜日

090407_a1.jpg

今日はほかほか日和が心地よかった火曜日。
午後から代官山の川島さんちへ。
おーじゃましまーす。と中に入ったら、床に『トロイカ』が敷いてありました。
これはなんですか? と尋ねたら、
「これはなんでしょうね。」って。

川島さんちは、いつお邪魔してもきちんと片付いています。
家具も食器とか電化製品とか本とかベットとか、
川島さんが必要だと思うものが一つづつちゃんとあって、
そのどれもがキラっと光っていて、
「私たち、ここにおるんです。」
って言ってる様な感じがすごくします。

川島さんとの付き合いは長いですが、私が知っている中でも
とんでもなく女子で、とびきり乙女な男性だと思っています。

もうご存知の方が多いと思いますが、
川島さんは、乙女音楽研究社のしゃちょうです。




日が暮れてきてから、来た道を辿って、途中ちょっと東急フードショーに寄り道。
ぷらぷらしていたら、ちょうど、私が好きな吉祥寺にある『天音(あまね)』という
たいやきやさんが期間限定のお店を出していました。


090407_a2.jpg

『天音』のたいやきは、私個人の感想ですが、もんのすごく美味しいです。
横っちょの生地もそのままで、あんこの甘さも、なんもかんもがグッ。
初めて食べた時は、うんまーい!と感動して、冷凍保存ができると聞いたので、
大量に買って、あちこち色んな人に送ったことがあります。

いつも食べていたのは黒糖あんこでしたが、今日はそれがなかったみたいで、
普通のあんこのを2つ買って、あったかい内にすぐに食べました。
明日までお店を出しているそうなので、近くにいて思い出した方はぜひ。

それから、私の世界で一番好きな回転焼きやさん『十勝大名』で、
豆乳クリーム味のも2つ買いました。
『十勝大名』は、ここのを食べてから
他の街にある回転焼きやさんで買わなくなりました。
『十勝大名』は、ずっと東急フードショーにあるので、
こちらも思い出した方はぜひ。

ほかほか火曜日は、夜までつづく。

「あ、から、ん。」の詩



  あしたははれるのよ
  いいことがまってるわ
  うそつき
  えりくびたてて
  おいかけごっこしてたのね
  からだがあついね
  きっとそれはまほうのせい
  くちびるからこぼれる
  けんぜんなあした
  こんこんとわくきのう
  さあ、おどりましょう
  しらじらとあけゆくよるも
  すみわたるよるのへやも
  せかいだってだれかのもの
  そうだとおもう
  たからもの
  ちいさくてこわれそう
  つらくはないよ
  てみじかにいうと
  とぶくすり
  なみだはなにもの?
  にじみでているあんこ
  ぬぎすてたスニーカー
  ねこのけこねこのけ
  のんでしまおう
  はやくいそぐ
  ひみつのよる
  ふっきれませんか? どうですか?
  ヘイヘイホー
  ほうらまたはじまるうた
  まあたらしいゆめ
  みんないっしょに
  むきになっていくよ
  めざわりなきもち
  もうひとりにしてちょうだい
  やがてひがのぼったらあさ
  ゆくゆくはまたよる
  よしよしぬきあし
  らんきりゅうにくもがくれ
  りんとしたまなざしと
  るいせきするしせんに
  れいぎただしく
  ろうばいしながら
  わたしいま
  を
  んーといきてる



だいぶ前に友達と、お酒のつまみがてら作って遊んでいた
「あ、から、ん。」の詩を昔のノートに見つけた。
懐かしかったので、一人でやってみたら一つできた。

ら、あたりから苦しくなってくるけど、
それを乗り越えたらもう頂上です。

めんどうくさい二人。 


二人は
だいだいいつも喧嘩ばかりで
お互いの顔色をうかがったり
気を使って疲れちゃったりして

「なんでこの人と一緒にいるんだろう。」

とか言ってる

「ありがとう嬉しい悲しいって一言だけ言ってくれたら
 どれだけほっとするか分かってるのかな。」

とか言ってる

喧嘩の後にぐずぐずしながら

「1000万円あったらぱあっと遊びにいったりするのになあ。」
「赤い服着たりしてもっとおしゃれしたいなあ。」

とか言ってる。


そうかと思えば

「昨日、手を繋いで帰ろうって言ったんだ。」
「昨日、手を繋いで帰ろうって言われんだよ。」

ってそんな夜もあったりして

めんどうくさい二人

もう まったく


だけど

 めんどうくさいけど、いとおしい。
 いろいろあるけど、一緒にいたい。

んだろうなあ。


ぐるりこと。』っていう映画を観てから考えたこと。


calendar
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
new
category
  • 2014(7)
  • 2013(7)
  • 2012(16)
  • 2011(69)
  • 2010(158)
  • 2009(115)
  • 2008(69)
  • 2007(24)
  • 2006(28)
  • 2005(98)
  • 2004(122)
  • 2003(21)
  • 自己紹介(1)
  • 2015(1)
link
このブログをリンクに追加する
twitter
アーカイブ
Thanks.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。