スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城山

145226843_128.jpg145226843_42.jpg

生まれてはじめての登山をしてきました。

でかけた「赤城山」は、最高峰の黒檜山、駒ヶ岳、長七郎山、地蔵岳、
荒山、鍋割山、鈴が岳などの総称で、妙義山、榛名山と併せて、
上毛三山と呼ばれ親しまれている山だそうです。

春のツツジ群落、夏の白樺林、秋の紅葉、
冬のスキー・スケート・ワカサギ釣りもできるそうで、
四季を通じて楽しめる場所です。

私は連れていってくれた人と、黒檜山と駒ヶ岳を縦走しました。
2、3時間登って下って歩いてをくり返しました。

登山とハイキングのイメージがごちゃまぜになっていた私は、
上からごろごろ~と転げ落ちてきたような
大きな岩があるスタート地点(写真上。右は黒檜山の山頂の景色)を見てびっくりしました。
岩をよじのぼったり、木につかまりながら転ばないように
坂道をちょっとづつ下ったり、汗をかきながら一生懸命に前に進んでいきました。

岩や坂道や自分自身と格闘しながら、自然の力を肌で感じて、
空気や雨や土の匂いを再確認し、
厳しい条件の中で咲く小さな花を見て感動したり、
とても素晴らしい一日となりました。

街や人の気配が全く感じられない、恐いくらい静かな山にいて、
尾根から見下ろして見えた霧の海を眺めていたら、
自分が何なのかよくわからなくなりました。

自分を見つめる鏡となるものは、街だったり人だったりしますが、
それが自然になったとき、何も見えなくなってしまうということは
どういうことだろうなーと思いました。


山登りをした翌日から、足が筋肉痛でまっすぐ歩けず、
階段もてすりをつかまないと登ったり降りたりできない日が続いています。
仕事先で、パソコンからプリンターまで移動する5歩くらいの距離も、
ひーひーいいながら歩いています。
スポンサーサイト
calendar
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
new
category
  • 2014(7)
  • 2013(7)
  • 2012(16)
  • 2011(69)
  • 2010(158)
  • 2009(115)
  • 2008(69)
  • 2007(24)
  • 2006(28)
  • 2005(98)
  • 2004(122)
  • 2003(21)
  • 自己紹介(1)
  • 2015(1)
link
このブログをリンクに追加する
twitter
アーカイブ
Thanks.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。