スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時間フリータイム

これまで、ここの日記は、
あったかいコーヒーをいれて飲んで、ふむ。
とか自分がある程度落ち着いた状態で、
できるだけ、ちゃんとした日記を
書こうとしてきたように思います(たぶん)

しかし、いつの頃からか
そんなどっかり構えていたら、日記が書けなくなりました。
書けないというか、書こうとするけど、
書き上げられません。

冗談じゃなくて、
「今日のお昼ご飯は、私は何を食べたんだっけ…」
というようなド忘れも出産してから多くて、
日記を書こうとしても、今日の出来事を思い出すのに
朝から辿っていったりして時間がかかってしまったり、
もうばーさんじゃないか!

お母さんをしているお友達は、
皿を割ったり、手を包丁で切っちゃったりが多くなったと
言っていました。
それだけ、子どものことや、
その他なにかのことに注意を向けているってことかな。

TwitterやFacebook、インスタグラムなどを初めてから、
さらに書く機会が減った気がします。

便利なもんからは便利をもらうけど、
他で何かを失っているのかもしれないな。



今年の夏は、はじめて天然氷のかき氷を食べました。
ふわふわしてて、今までとは違うかき氷でした。

夏の心残りの一つ、
目白にある「志むら」の生いちごかき氷を食べにいけなかったので
来年の夏は食べにいけたらいいな。


IMG_1092.jpg

以前フライパンがだめになったときの記念写真。
クックワンというこのフライパンは、ちょっと高いけど
使いやすくて好きで、いまや3枚目です。
スポンサーサイト

BUTTON AND BOWS(ボタンとリボン)vol.5 できました☆

BB05_h1h4.jpg


BUTTON AND BOWS(ボタンとリボン) VOL.5

【SPECIAL ISSUE】新しい雲の作り方
【綴じ込み付録】丹治文彦セレクト「works —永井宏の雲—」


* * * * * 

【SPECIAL ISSUE:新しい雲の作り方】
ふっと吐き出した息を集めて、雲を作ってみようーー。
暮らしの中で見つけた事柄のイメージを膨らませ、
具体化していくとそこには詩が生まれ、散文が生まれ、絵が生まれます。
最初のきっかけは小さなものでも、
集まればやがてそれが"自分なりのアート"となっていく。
本特集では、そんな作品をご紹介します。

山口めぐみ(画家/お菓子作家/作家)
岩﨑有加(フローリスト/アーティスト)
玉井恵美子(「SEWING TABLE COFFEE」/「SO SEA」作家)
淺野卓夫(編集者/「サウダージ・ブックス」共同代表)


【綴じ込み付録 works -永井宏の雲-】
小誌の発案者であり、2011年4月に亡くなった
美術作家・永井宏は、何冊もの詩集や散文集を遺しました。
「愉快」「ロマンティック」「恋する」――
何気ない日々に、小さく明かりを灯す文章。
永井宏の詩の世界を、
編集者・丹治史彦さんがナビゲートします。


☆表紙は、ミロコマチコさんによる
雲をイメージした描き下ろしです。

ミロコマチコ http://www.mirocomachiko.com/
画家、絵本作家。溢れる勢いのままに、
多彩な発想で動植物などを表現。
各地で展覧会等を多数開催。


☆その他、多数のアーティストが参加しています。

vol.5に参加してくれた人
イシカワアユミ/井岡美保/及川佳寿美 /大社優子/
大塚文/小山千夏/鈴川郁子/藤川宏実/松橋恵理/
8 plus/mille books/BOOKLORE/三浦スキップ社
TAMBOURIN GALLERY/


* * * * * 

B5変形版 180×235mm 中綴じ 表紙:4C
本文:60P(4C 30P 1C 30P)
綴じ込み付録:8P(1C)
定価:1050円(本体1000円+税) 8月27日発売


ご購入、お問合せは、
メール(info@windchimebooks.com)にて。
外苑前のタンバリンギャラリーでも購入できます。

windchimebooks http://windchimebooks.com/

* * * * * 


BUTTON AND BOWSについて。

 『ボタンとリボン』は、可愛いもの、素敵なもの、また音楽や料理などに興味を持ち、自分たちなりの新しい暮らし方を望む人たちへの文芸誌です。詩や散文を通し、誰もが創造的に暮らしていける、そんなライフスタイルを提案したいと考えています。ここに文章を掲載している人たちは、職業も年齢もさまざま。それぞれが身近なところから生き方を見つめ直し、暮らしの風景を自由な文章にすることを試みています。

油津の夏

c02c4a8edab311e18dfa22000a1cbb1d_7.jpg

fc3ddcf4dab311e1818012313b012024_7.jpg


実家のある宮崎県の油津へ帰ってきました。
久しぶりのこちらの夏です。

海が近くて大きな建物も特にありません。
お天気は、晴れは晴れらしくあって、
雨は雨らしく降ったりして、なんだかそれが気持ちいいです。
雲も悠々と浮かんで、もくもくとしてたり。

実家は、冷房はほとんど入ってなくて
お母さんが毎日あちこちの窓開けています。
風がよく通っていく部屋の真ん中で、
大の字に寝っころがったりしていると、
空気にも色んな表情があるのが感じられたりします。

具合が悪くならない様に気をつける事が第一ですが、
いちいち、夏に向かって、
うお~暑い~やだ~と腹を立てても、
夏はごめんねーとはいわないので、
夏は暑い、暑かったら汗をかく、
汗をふいたり、麦茶飲んだり、アイス食べたり、
わざわざジリジリ太陽に焼かれてみたりとか。
夏も冬もそうだけど、
そういう時はそういう時なので、なんかもう、それはそれで、
そうだよねって思ってればいいんじゃないかと思ったり。
のんびりしてるおばーちゃんを見てて思いました。

でも、家のお父さんは、蚊に食われる度に
くそー!と言ってます。

おいしかったもの。担々麺とおとし文。

0ef83612b88311e1aebc1231381b647a_7-1.jpg

麻布十番駅からすぐの台湾料理やさん「福淋」の担々麺。
好みがあると思うけど、あほみたいに濃くないし
上品で美味しいです。


e96ed092b88511e1a39b1231381b7ba1_7.jpg

みんなで担々麺を食べにいって、
食べた後には放心しました。
10分くらいで食べちゃったね。おいしかったね。


80e6df0cb93d11e192e91231381b3d7a_7.jpg

もう一つ。甘いもので、
清月堂の「おとし文」という和菓子。

有名なお店なのかもしれないけど、
むしくんの搬入の手伝いの時に、
差し入れで頂いて初めて食べました。
中に黄色い餡が入ってて、ほろほろとしてます。

お土産とか帰省の時とかに買っていって
実家の家族のみんなと食べたいです。

きゃねこ 動物造形展「まにまに」のこと。

o0800106511991602514.jpg

2012年6月13日(水)~6月18日(月)
麻布十番のgallery cafe bar enyen(縁縁/えんえん)にて、
お友達のきゃねこちゃんの個展「まにまに」が
開催されました。
 ↓
きゃねちゃんのブログ『きゃねこのところ』
本日よりまにまに


おしゃんこのむしくん、さわくん、私の旦那さんの4人で
えんえんで、まにまにしてきました。

今回は、カフェでの展示で、
店内のあちらこちらに、きゃねこちゃんの作品たちが
ぬーんとか、のーんとかした感じでいました。


5dbd46bcb84111e19894123138140d8c_7.jpg

やあ!くまポン久しぶり!


95e51150b84111e1b2fe1231380205bf_7.jpg

くまポンの持ってるコーヒーカップからは、
にょろりちゃんがこんにちは。
にょろりちゃんは、ほっぺたが、ぷちゅぷちゅしてるね。
いつもかわいいねえ。


ecf724ceb84111e181bd12313817987b_7.jpg

きゃねこちゃんの作品の人気者「吊るし猫」に新しい子がいました。
吊るし猫の、ちゃちゃちゃんです。
見てると顔がほころぶ。


4f151918b84211e1be6a12313820455d_7.jpg

縁縁では、「まにまに」個展期間中限定で
ラテアートメニューもあって、みな揃って注文。
くまとか、リスとか、穴に入ってる子とか、
形を崩さないようにゆっくり飲んだよね。


9c2e65a8b88611e1b00112313800c5e4_7.jpg

キャねこちゃんの作品「ハクビシン」は、
ちょっと大きくて、赤ちゃんくらいの大きさで、
みんな抱っこさしてもらいました。
大きいけど、きゃねこちゃんの作品は軽いんですよ。


daf9a89ab84211e1989612313815112c_7.jpg

店内とあともう一つ、ぜひ見てみてほしいと言われていたのが
お店のトイレスペースでした。
中はたくさん写真撮れなかったけど、
白いごつごつした洞窟のようなスペースには、
上にはお星様がたくさん浮かんでいて、
あちこちに、小さい中くらいのいきものたちが
こんにちはとしていたり、隠れていたり。

夜とか人間が気づかない時間に、
このコたちは動いたりおしゃべりしてるんじゃないかな。

私もいつもお世話になっているtakemugさんが作ってくれたという
心地いい音楽集を聴きながら、
途中気持ちよくて寝そうになりつつ、
作品を眺めたらソファでのんびりしたりしました。

時間はゆっくりゆっくり流れていきました。

きゃねこちゃんも自身のブログに「まにまに」の日記を
書いているので、こちらも是非みてみてください。
まにまにしました。

きゃねこちゃんは、仕事も普通にやって
制作活動もやって、そのパワーはとても大きいです。
すごいなーって思います。

きゃねこちゃんの今後の予定は、
きゃねこのところ』でチェックしてくださいね。

宇佐美朋子「虫愛する一日」のこと。

20120507_2030463.jpg


2012年6月16日(土)アーツ千代田3331にて、
お友達のむしくんこと、イラストレーター宇佐美朋子ちゃんと、
鈴木海花さんが主催の、虫好きさんイベント
虫愛する一日」が開催されました。

イベントの様子は、むしくんがブログで、
毎度素晴らしい写真やイラストや文章で
レポートしてくれているので
そちらを観てみてください。
 ↓
イラストレーター宇佐美朋子の日記『今日をつまむ』
虫よ、ありがとう!「虫愛ずる一日」


私は予定があってイベント当日は行けなかったので、
前日の搬入をお手伝いしに、さわくんと二人で
末広町へ行ってきました。
搬入の様子をちらっと。


8b47fcb4b6c811e1bf341231380f8a12_7.jpg

搬入時間まで階段で小さく待機。
(左・さわくん/右・むしくん)
ちょうど、一階では「AKB48美術部展覧会」が開催されていて、
なんだか賑やか。長蛇の列とかできちゃったりして。


7e6881ccb6d111e1aebc1231381b647a_7.jpg
2a0a2d7ab6df11e1a8761231381b4856_7.jpg

イベントに参加する色々な方々も到着して、
ちょっと急ぎ足で搬入作業。

私は、イベントに参加されていた、
漫画家の秋山亜由子さんの漫画の原画を
フレームにいれたりする作業を手伝ったりしました。
原画を触るのどきどきしました。


b8857798b6f911e1989612313815112c_7.jpg

宇佐美朋子ちゃんの器たち。
イベント当日は、ちょっと前に渋谷LOFTで開催していた「ロフT」に
むしくんが出品してた時の「イボタガTシャツ」も販売してました。


72fcd652b6fa11e181bd12313817987b_7.jpg

今回のイベントには、以前タンバリンギャラリーで
展示をされた木版画家の竹上妙さんも参加されてます。
新作のトートバッグなどがあったりなんたり。

うーん、、、 当日行けなくて残念だったな。
ほんとうに行きたかったな。
私も、虫を愛したり、触れあったりしたかった。

次はいつだろうな。
楽しみ。


(木版画家の竹上さん、7月11日(水)まで、神楽坂フラスコにて
 版画6人のグループ展『ピーンときた、夏が来た!』開催中ですー)

2012年5月21日金環日食

「2012年5月21日 金環日食」

ひょんなことから金環日食が見れる眼鏡をもらえて、
金環日食を見ることができました。

IMG_6527.jpg

IMG_6532.jpg

5b2207c6a2ca11e18bb812313804a181_7.jpg

IMG_6542.jpg

IMG_6543.jpg

4b8cbe1ca2cc11e1a8761231381b4856_7.jpg

なんだか、宇宙だとか、星だとか感じたり
思ったりしてすごかったー

お戌さま、神様計画、おしゃんこの日

日本には古くから、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、
妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習があります。

たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、
昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。
それにあやかって、妊婦さんと赤ちゃんの無事を願って、
安産祈願を行うようになったと言われています。

「帯祝い」は、妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に、
妊婦さんが腹帯を巻いて安産をお祈りする儀式をいいますが、
時代や地域によって風習や習慣にも違いがあるようです。

(参考サイト:http://www.babycome.ne.jp/category/tie-up/suitenguu/

私はというと、
どのようにしたらいいのか分からなかったので、
宮崎の母に電話してみた所、さすが私のお母さんです。
ちゃんと五ヶ月目には戌の日の帯祝いをすることを
しっかり計画して考えてくれていました。

そして、私が昔からお世話になっている実家の近くの
吾平津神社(乙姫神社)へ「腹帯」を持っていってくれて、
安産祈願のお参りをしてきてくれて、
お札やお守りなど一式すべて用意して送ってくれました。

そして、5月13日の戌の日は、
おしゃんこちゃんたちを誘って新宿御苑へ行きました。
そして、実家の母が送ってくれた
安産祈願をしてもらってなんだかキラキラしてみえる
腹帯を巻きました。


o0480064311975615748.jpg

野外なので服を脱いで写真を撮れませんでしたが、
お洋服の下にちゃんと腹帯を巻いてます。
写真は、サブ腹帯というのでしょうか。
柔らかいベルト式の巻物です。

そして、みんなも巻きました。

IMG_6420.jpg

IMG_6423.jpg

IMG_6422.jpg


緑に囲まれて、のびのびした雰囲気の中、
みんなで持ち寄ったお手製のお弁当やらなんやらが
美味しいこと美味しいこと。
写真とるの忘れちゃったけど、ラタトゥイユとか
焼きおにぎりとか卵焼きとかあったかい珈琲とかとか。

IMG_6409.jpg

IMG_6410.jpg

IMG_6411.jpg

これは、むしくんが持ってきてくれた
戌ウインナーと犬クッキーです。


そして、サプライズがありました。
おしゃんこのみんなから、
とっても素敵なお祝いを頂きました。

じゃん!!!

o0480048011977264979.jpg

きゃねこちゃんが、
さわくんのイラストからおこした金ちゃんトナカイ!

写真がちゃんと取れてなかったので、
きゃねちゃんのブログから写真を拝借。

o0480064311983912987.jpg

o0480064311983912809.jpg

o0480035911983912897.jpg

o0480064311983963570.jpg


舌がペロって出てるぅ~
(金ちゃんとは家にいるチワワです)

作ってくれたきゃねこちゃんとさわくんは
この秘密のコラボ計画を「神様計画」と
呼んでいたそうです。
きゃねちゃんの日記があります


IMG_6413.jpg

こちらは、むしくんことイラストレーターの宇佐美朋子ちゃん作。
金ちゃんとことりちゃんの箸置きです。
(ことりちゃんは死んでしまっていないけど、
 昔一緒に住んでたセキセイインコのことです)

これは「4awase計画」と呼んでいたそうです。

IMG_6414.jpg

こちらは、
金ちゃんとことりちゃん柄の夫婦茶碗。
側面にもお顔があって楽しいよ~

IMG_6417.jpg

こちらは、きれいな色した可愛い小鉢。

o0480064311977264963.jpg

出ないけど、搾乳のイメージ。
嬉しくて訳が分からなくなって軽く混乱しました。

o0480048011977265112.jpg

きゃねこちゃんは、
「赤ちゃんがいます」のバッチも作ってくれました。
私はこけし好きなのですが、
今の私のTwitterのアイコンがこけしちゃんなのですが、
そのこけしちゃんに仲間ができました。

頂いたこれらは、
みんなが一つ一つ作ってくれたものばかりです。

私の知らないところで、みんなが連絡を取り合って
いろんな話をしたり考えたり、手を動かしてくれたんだなと
いうことを想像すると涙が出ます。

大切にして長く一緒にいたいって思いました。

新宿御苑では、フリスビーもしたり凧揚げもしたり、
木を見たり虫を探したりもありました。
ぜんぜん書ききれませんが、
戌の日は、心も身体もお腹も赤ちゃんも
みーんなのおかげであったかい時間になりました。

みんな、ほんとうにどうもありがとう。

* * *

私のブログをみて頂いた事がある方はご存知かもしれませんが、
おしゃんこは、2011年のちょうど同じ頃に
「どうぶつえんのきっさてん」という展示をするために
できた集まりです。

あれから、あっという間に一年経ち、
私たちも記念日というものを作りました。
5月5日のこどもの日にしました。

もう立派な大人だけど、こどもの日がきたら
みんなでおめでとう!またよろしく!ってお祝いができる。

とてもいいなと思っています。

私がこの一年、おしゃんこのみんなを見てきて思ったことは、
各々、ほんとに一生懸命で明るくて、とても真面目だということ。
私はみんなのことをとても信頼しているということです。

Tokyo playgirlsの相方のさわくんと2人でずっと
いろいろやってきましたが、
さらに、頼もしい仲間が増えたことで、
この一年は、ぐんと濃くて広がっていき、
いろんなことを考えることができたり、
乗り越えたりすることができたと思います。

またいつか、
おしゃんこ4人でなにかやることがある時は
ぜひお知らせさせてください。

これからも、Tokyo playgirlsを、おしゃんこを、
どうぞよろしくお願いします。

ふうふ



「ぐるりのこと。(予告編)」


* * *


ちょっと前に観た映画です。

これを観たとき、
わたしの中での夫婦って、私のお父さんとお母さんでした。

けんかしたり仲直りしたり、
笑ったり落ち込んだりしながら、
夫婦を続けているお父さんとお母さんを見ながら、
この映画は、とても見ていて辛いなと思うところも
たくさんあったけど、見終わって、
なんともいえない深い気持ちになって、
とてもじーんとした思い出があります。

それから、なにか夫婦ということを考えるとき、
いつもこの映画のコピーを思い出します。


「めんどうくさいけど、いとおしい。
 いろいろあるけど、一緒にいたい。」


70077cd28c5611e1a92a1231381b6f02_7.jpg

ね、金ちゃん。
おねしょしたり、うんちされたら、ちょうめんどくさいよ。
でも、気にしないでー

レキシ / きらきら武士 feat. Deyonna



「レキシ / きらきら武士 feat. Deyonna」


ずっと頭の中で流れてくるきらきらぶしぃ
calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
new
category
  • 2014(7)
  • 2013(7)
  • 2012(16)
  • 2011(69)
  • 2010(158)
  • 2009(115)
  • 2008(69)
  • 2007(24)
  • 2006(28)
  • 2005(98)
  • 2004(122)
  • 2003(21)
  • 自己紹介(1)
  • 2015(1)
link
このブログをリンクに追加する
twitter
アーカイブ
Thanks.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。